恋の花びら大回転

恋の花びら大回転

【第99話】「地雷に遭遇! 後編」

2017.12.5

女性用風俗で地雷に出会ってしまい、さげぽよ(古)な私。果たして、無事に帰れるのか!?

Yさんは、とにかく気がきかない。こちらから催促しないと何にもしない。

その割に「僕のこと好きになって☆」と、上目遣いで媚びてくるのがウザいしキモかったです。普段から、年上のお客たちにかなり甘やかされているのかも。

そんな彼を見ながら、「前に呼んだ性感マッサージのお兄さんは、本当にプロだったんだなあ」とつくづく感じました。

私がしたいことを細かく聞いてくれて、強要は全くなかったし、私がシャワーを浴びる時はそっと部屋の照明を落とし、こちらを見ないようにベッドメイキングに集中していたお兄さん。

それに対し、私が服を脱ぐより先にいきなりパンツ一丁になり、股間をこすりつけてくるYさん。初利用の客に対して、デリカシーが無さすぎるのでは。

そして、マットプレイも想像通りザツ。重いだけだし、睾丸の毛の処理の跡がチクチクして痛かったです。

そして、「テクニックを教えてあげる」と何故か上からの立場で、お客の私にソープ嬢の真似事をやらせるのがマジで謎でした。仕事しろよ。

「たまに自分ばっかり楽しむなって怒られることもあるけど、セックスはお互いが楽しむことが基本だから!」

と、Yさんは胸を張っていましたが、それってお客からクレームが入ってるってことなのでは?

最後、Yさんは自分の体だけ洗ってさっさと出て行ってしまったので、脱衣所で体を拭いていたら、やっと「お体、拭きましょうか!?」とドタドタ走ってきた。下がれ、豚。

イかないことには収まりがつかないので、とりあえずクンニしてもらうことに。

でも強すぎて痛いし、リズムが変だし、なかなか盛り上がりません。

最終的に「大型の豚にクンニされてる」と思い込むことで、なんとか絶頂に達することができました。

Yさんのクンニでイけたことよりも、自分に「大型の豚に舐められたい」っていう性癖があったことにまずビックリです。

その後、Yさんは自分だけ着替えて帰り支度してしまったので、私は髪を乾かす時間すらありませんでした。

空虚な時間を過ごしてしまいましたが、セックス好きで好きで、誰でもいいからやりたい女性にとっては、価値のある男だったのかもしれない。知らないけど。

ちなみに、お風呂で反射的にフェラチオしてしまったところ、

「うまい! 慣れてるね!」

と褒められたのが、今回の風俗での一番の腹立たしい思い出です。埋めるぞ。

まだまだたくさんYさんの悪口を(あと、よかったところも少し)書きたいのですが、一大叙事詩になってしまいそうなので、ここらへんで筆を置きます。

ホームページの印象は大事ですので、ちょっとでも変だなと思ったら避けましょうね!

<< #98へ 次回は12月19日の更新です

他のコラムを読む バックナンバー

ガチでオススメ!!のお店

藍川じゅん

藍川じゅん

元ピンサロ嬢。アダルト誌にてコラム連載中。著書『大好きだって言ってんじゃん』(メディアファクトリー)が好評発売中!

当コラム恋の花びら大回転の更新情報を、あなたのメールアドレスにお届けします!下記ボタンをクリックしてね♪

コラムトップページへ

お仕事検討中BOX

お仕事検討中BOXの使い方

お仕事検討中BOXへ