> 女ゴコロ開放コラム スッキリ!! > 恋の花びら大回転 > #80 「出会い系バーに挑戦!」後編

恋の花びら大回転

恋の花びら大回転

【第80話】「出会い系バーに挑戦!」後編

2017.2.21

出会い系バーで、さっそく2人の男性からアプローチが!
どんな男性なのでしょうか?

席を移ると、すぐにユージが現れ、目の前の椅子に座りました。
地味な背広を着た50代くらいの男性で、髪はボサボサ。
人のこと言えませんが、どこからどう見ても疲れたおじさんです。
店員がテーブルに10分のタイマーをセットして、トークスタート。
10分もつか、いきなり不安です。
とりあえず「ど、どうもー」と乾杯。すると、仕事は何をしているのか、
お酒は強いのか、普段はどこで飲んでいるのか等々、矢継ぎ早に質問されました。
だいぶ場慣れているようです。

ちなみに、この2人席は個室ではなく、店員や他の女の子が横を通るので、
我々の会話はまる聞こえ。その方が安心ですが。

しかし、ユージは意にも介さぬ様子で質問攻めを続けます。
ユージ「今日はこの後、何を希望ですか?」
私「え、この後?」
ユージ「飲みとか、カラオケとか、あるいは、それ以上のこととか…

回りくどい表現のせいで、余計に生々しくなってます。
私「あー、いや、私こういうお店初めてで、ちょっと勝手が分からなくて…」
と誤魔化すと、ユージは「僕もです!」と、ダイナミックな嘘をついてきました。
そんなわけあるか!

質問されてばっかりなのも嫌なので、
「さっきの紙にカラオケって書いてありましたけど、何を歌うんですか」と、
全く興味はないけれど聞いてみました。

ユージ「え!でも、古いのしか分かんないですよ」
私「あ、私もです」
ユージ「そうだなあ、例えばエグザイルとかセカオワとかかな」
おっさん、無理してんじゃねえよ!

若い子と話を合わせたくて、必死な感じが物悲しいです。
年相応にしていれば、モテるかもしれないのに…。
その時、テーブルのタイマーが鳴り、ユージは男性側の自席へと戻っていきました。
嫌な感じは全くなかったのですが、なんかこう、一言一句にイラッとしてしまうので、
連絡先は交換せず。
飲みとカラオケ以上のことができる相手が見つかるといいですね…。
もう1人のテツは茶髪の青年でしたが、他の女の子が近くを通るたびに
そっちを凝視していて、私のことはほとんど見ていませんでした。

目が合うことなく、10分で終了。

その後、自席に戻っても、男性側からの視線が気になって落ち着かず、
1時間弱で店を出てしまいました。
妙にグッタリして、ヨボヨボと帰宅。

出会い系バーは、彼氏や遊び相手を探すというより、援助してくれる人を
探すのに適しているようです。
出会いではなく、あくまでも出会い系。看板に偽りなしです。
ちなみに、後でそのバーのブログを確認してみたところ、
私の写真がバッチリ掲載されていて、その下に、
「清楚でウブな雰囲気の20代OLが、恥じらいつつご来店!」
と書かれてました。

何一つ当たっていなくて、逆にすごい!
現場からは以上です…。

<< #79へ 次回は3月7日の更新です

他のコラムを読む バックナンバー

ガチでオススメ!!のお店

藍川じゅん

藍川じゅん

元ピンサロ嬢。アダルト誌にてコラム連載中。著書『大好きだって言ってんじゃん』(メディアファクトリー)が好評発売中!

当コラム恋の花びら大回転の更新情報を、あなたのメールアドレスにお届けします!下記ボタンをクリックしてね♪

コラムトップページへ

詳細ページへ

検討中BOXの使い方

bottom