高収入バイトの第一歩!チャットレディやってみた★

バイト中のチャットレディを綺麗に映し出すための
Webカメラの選び方

ライブチャットのバイトに欠かせないWebカメラ。通勤型チャットレディの場合、お店や事務所に高解像度のWebカメラや高性能パソコンが用意されていますが、在宅型のチャットレディは自分でWebカメラを揃えなければいけません。Webカメラで注意したいのが低解像度のタイプ。このタイプは画像が荒くて映像が暗くなりやすいためにチャットレディがきれいに映らず、男性客が集まりにくい傾向にあります。他の求人サイトには書かれていない、未経験者にも分かるWebカメラの基礎知識を解説しましょう。

性能の低いカメラはチャットレディの商品価値が大幅ダウン

あなたはネットショップでA店とB店のお店から霜降りのステーキ肉を選ぶとします。A店のお肉の写真は赤身の部分が鮮明で、霜降りの箇所は真っ白。ただしお値段はやや高め。B店のお肉の写真は赤身の色がくすんでおり、暗くて霜降りの箇所もあまり確認できません。でもお値段は安めです。あなたなら、どちらのお店のお肉を買いますか?

余程のチャレンジャーでない限り、赤身の部分が鮮明で、霜降りの箇所は真っ白なA店を選ぶはずです。多少お値段が高くても。ちなみに話のオチを言ってしまえば、A店もB店もまったく同じお肉。A店にしてやられた!と思わなくもないですよね。

ネットショップは写真が命です。商品の写真が悪ければ、どんなに高級で美味しいお肉でもお客さんは見向きもしません。ただし商品の写真がきれいであれば、付加価値が付いて商品価値も上がります。求人サイトや情報サイトでも、一般的に写真がキレイであればあるほど閲覧数は伸びます。

パソコンの画面位映ったバイト中のチャットレディは1つの商品です。もしもプロフィール写真のクオリティが低かったり、表情が冴えなかったりすれば、お客さんは即効スルーしていきます。どんなにチャットレディが素敵でも、きれいな衣装を着ても、性能の低いWebカメラでは商品価値が大幅ダウン。残念ながら高収入は望めません。店舗型風俗や派遣型風俗のようにリアルな接客がない分、機材の性能や品質の良さが問われるのです。なお性能や品質の良さは、高性能なWebカメラを選ぶことで即時解決するのでご安心を。これもバーチャル風俗ならではの特徴でありメリットです。

Webカメラを選ぶ時は、必ず画素数をチェックすること

まずは画素数を確認すること。これがWebカメラをチェックする時の基本です。解像度とは画像を表現する格子の細かさのこと。低解像度の昔のカメラは肌がくすみ、全体が暗く見えてしまうのがネックです。

高解像度カメラは画像もくっきりと鮮明。購入する際は200画素以上のタイプを選ぶのが基本。チャットレディの中には、ライブチャットのバイト時に100万画素から300万画素に買い換えたら映りが良くなり、お客さんの人数が増えたという人もいます。お客さんがチャットレディを選ぶ時の条件は、相手が好みのタイプであることに加え、女の子が鮮明に見える高画質であること。お客さんの立場から考えてみれば、風俗でも映画でも同じ料金を支払うのであれば、より高画質の方がいいに決まっています。

在宅型でバイトする時に事務所からWebカメラをレンタルする時には、借りる前に「画素数は十分か?」を確認しておきましょう(低スペックカメラの場合は、自分でハイスペックモデルを購入した方がお客さんも付きやすく、結果的に安上がりです)。また、高解像度カメラを使う時に注意したいのがパソコンとの相性。年式の古いパソコンの場合、OS(パソコンの頭脳)がカメラの性能についていけず、映像が正常に配信されないなどの不具合が発生することがあります。Webカメラのレンタルの有無は、風俗求人サイトやライブチャット求人サイトのお店情報をチェックしてみましょう(非掲載の場合はお店に要確認)。

Webカメラは各メーカーから発売中。200画素クラスが3000円くらいから、300万画素が8000円くらいから。ネットショップで手軽に購入可能ですので、「これから在宅型でバーチャル風俗のバイトをするぞ!」という人は、「Webカメラ」「ウェブカメラ」のキーワードで検索してみましょう。

高収入バイトの第一歩!チャットレディやってみた★

PICKUP高収入バイト

風俗求人掲載について

圧倒的な集客数!
風俗求人ならお任せ下さい♪

お仕事検討中BOX

お仕事検討中BOXの使い方

お仕事検討中BOXへ