> 東京トップ > 池袋 > 池袋タウン情報

池袋

●かつてのネガティブなイメージを払拭し、若者の人気スポットになりつつある

東京都の副都心のひとつである池袋。池袋駅は首都圏最大級のターミナル駅であり、JR線、東武東上線、西武池袋線、と東京メトロ丸ノ内線、有楽町線、副都心線が乗り入れ、新宿駅に次いで2位の利用者数となっています。
東口に西武百貨店、西口には東武百貨店があるという、駅出口と百貨店名があべこべなことが話題となる池袋ですが、駅地下は『Echika』とデパ地下を中心としたグルメとショッピングが楽しめます。
池袋西口には『池袋ルミネ』『Esora』『池袋西口公園』『東京芸術劇場』がランドマークとなり、ショッピングとカルチャーが楽しめます。
東口は、大規模歓楽街のなかに大規模家電量販店が建ち並び、水族館や劇場が入っている複合文化施設『サンシャイン・シティ』やアニメとコミックの専門店が点在するという若者文化が入り組んだ街となっています。
その一方で、北口は『トキワ通り』を中心に飲食店が数多く並ぶ歓楽街となっています。特にアジア・エスニック系の飲食店が多く、話題のラーメン店や、本場の四川料理が食べられるお店もある、食べ歩きスポットとなっています。
東口の地下一階にある『いけふくろう像』は、待ち合わせスポットとして多くの人に利用されています。

池袋サンシャイン

●概要●

昔は丸池のことを『袋池』と呼んでいたため、池袋の地名の由来になったとされています。その丸池は今は埋め立てられ元池袋史跡公園となっています。
東武東上線と西武池袋線の起点駅となっていますが、本来は他の駅まで路線が延びる予定でしたが計画は中止されてしまいます。そのため池袋駅は偶然起点駅となり、1940年代に百貨店が建ち始めた頃からにぎわいを見せるようになりました。
今では鉄道のターミナル駅であるほか、周囲には明治通りや春日通りなどの大型国道が走り、立教大学、帝京平成大学などもならぶ『山の手三大副都心』のひとつとなりました。
池袋の一番のランドマークといえば『サンシャイン60』。1978年に完成し、地上高239.7メートルで、完成当時は東洋一の高さを誇っていました。超高層ビル建設が進んだ現在でもビル最頂部は都内ベスト5に入る高さを誇っています。60階にある屋内展望台は毎年元日には早朝から営業されており、ここから初日の出を拝むという人がたくさん訪れます。
大型百貨店、家電量販店、飲食店や映画館、ゲームセンターなどが並ぶ一大歓楽街となっている池袋ですが、行列ができる有名ラーメン店が点在するためラーメン激戦区としても注目が高まっています。

池袋トキワ通り

●池袋の風俗って?●

首都圏でも有数の歓楽街として知られている池袋。デリヘル、ホテヘル、ファッションヘルス、ソープランド、SMクラブ、ピンサロと店舗数も都内最大級の数を誇る街ですが、風俗街といえる地区は存在していません。行列の出来るラーメン店の向かいにソープランドが建ち、予備校の裏にファッションヘルスが店を構え、家電量販店の裏にデリバリーヘルス用のホテルが並ぶというように、店舗が分散しているのが特徴とされています。
池袋北口方面にはラブホテルが乱立しているためデリヘル店が多く存在しています。その他のも、ハコヘル、イメクラ、SMクラブや交際クラブ、セクキャバなど300件ちかい風俗店が存在しています。また池袋駅北口を出て『文化通り』を入ったところに風俗専門ビルが建ち、『トキワ通り』は、吉原に次ぐソープ街を形成しているのが特徴的と言えます。
池袋東口方面は比較的若い年代の男性が多く集まるため、北口に比べ風俗店の店舗数は少なめです。ですが若い世代が手軽にスッキリと出来るようなタイプの、性感マッサージやオナクラ、手コキ店が目立ちます。もちろんデリヘルもありますが、リーズナブルな価格設定の店舗が多く、手軽に利用できるようになっています。

●池袋の求人●

一日の駅の利用者数が新宿駅に次いで2位の池袋はオフィスが多数あります。そのため経理や事務などの求人が見つけやすいのが特徴です。中には一部上場企業からの求人もあるので仕事の探しがいのあるエリアといえます。
また、大繁華街でもある池袋では飲食やアパレル系のお店のバイトもいっぱい。大手百貨店や家電量販店が建ち並ぶ大都市ならではの接客や販売員の求人・バイトは売り手市場とも言えます。もちろんダブルワークにうってつけな風俗のバイトも多数。特に風俗店のジャンルが多いので、ソフトサービスから、ガッツリ高収入を得られるものまで、自分の都合に合わせて見つけられます。

池袋関連の風俗求人バイト情報

▲ページ上部へ

詳細ページへ

検討中BOXの使い方

bottom