> 東京トップ > 吉原 > 吉原タウン情報

吉原

●日本最大級のソープランド街と知られる『吉原』

吉原は、江戸時代に遊廓が作られた地域の名称なので吉原という住所は存在しません。現在の住所で言うと東京都台東区千束三丁目から四丁目にかけての地域になります。
日本の代表的な観光名所である浅草に隣接した地域ですが、交通の便は悪く、東京メトロ・都営地下鉄『浅草駅』から吉原地区まで徒歩約20分、JR線『日暮里駅』から徒歩30分もの距離となります。そのため、吉原で遊ぶ際には、各ソープランド店が提供している送迎サービスを利用するのが一般的となっています。
交通の便が悪いとはいえ、昔ながらのソープランドのスタイルを守り続けている貴重な地域。吉原のメイン通りと周辺は、歩くとゆうに30分はかかるほどの広い区画となっています。バブル期には250軒あったといわれるソープランド数は現在は約130軒ほどに減少しています。それでも全国のソープランドの約1割を占めており、断トツの店舗数を誇っています。
風適法の施行により、日本全国のソープランドは廃業を余儀なくされ、デリバリーヘルス店への移行が進む中、吉原はソープランドファンが全国から足繁く訪れるソープランドのメッカとして根強い人気を誇っています。

●概要●

吉原の歴史は1617年にまでさかのぼります。江戸幕府の開設間もない頃、幕府公認の『吉原遊郭』が開設されました。大店は大名や文化人が集まる社交場としての機能があり、遊女には花魁(おいらん)や新造などの身分がありました。もともとは現在の日本橋に建てられたのですが1657年に火災がおき焼失したため、現在の浅草地区へ移転されたのです。
吉原は遊女たちの逃亡を防ぐため、周囲には堀が巡らされ、出入り口は『大門』の一カ所しかありませんでした。現在は『吉原大門』の名称が交差点に残されていますが、交差点から約160メートル入ったところとされています。吉原遊郭は何度も大火に見舞われますが、出入りが門一つだったため多くの犠牲者をだしてしまいました。明治以降も大火は発生し、関東大震災、東京大空襲でも全焼しましたが、そのたび復活を遂げてきました。
しかし第二次世界大戦後に公娼廃止となり民営化。1958年の売春防止法の施行にともない、個室付き特殊浴場(ソープランド)への転業が進みます。
バブル期には多くの高級ソープランド店が登場しましたが、1984年に施行された風適法や長引く不況のため、多くの店舗は大衆店へとサービス内容を変更したり、老舗店の廃業がすすみます。現在は風適法の特例地区として、現行の建物を使用する限りは営業を継続できることになっています。

吉原大門

●吉原の風俗って?●

日本最大級のソープランド街である吉原には、1万円台の格安店から10万円以上もする超高級店まで、約130店ものソープランドが軒を連ねています。
単一業種の風俗店が、これほど多く密集している様は他に類を見ません。
デリバリーヘルスやホテヘルなど派遣型風俗は、隣の地区である浅草からの派遣となり、吉原の風俗は圧倒的にソープランドです。
ソープランド街は、かつては吉原の入り口とされてきた『吉原大門』を通る『仲之町通り』によって北ブロックと南ブロックとに分けられています。
北ブロックは江戸一丁目、揚屋町、京町一丁目とされ、南ブロックは江戸二丁目、角町、京町二丁目になっています。特にメインストリートとされる江戸町通り、揚屋通り・角町通り、京町通りは車道二車線の悠々とした通りになっているのも特徴的です。
ソープランドの高級店と格安店との違いですが、これは主に個室や待合室の広さ、バスタブ、ベッドなど内装設備のランクとなっています。また吉原のソープランドは、どの店舗でもコンパニオンや男性スタッフの接客態度のレベルが高いことでも知られています。
またマットプレイなど昔ながらの営業スタイルを維持しているのも吉原の特長です。
派遣型風俗店の影響もあり、ソープランド街としての賑わいは影をひそめてしまいましたが、一部の常連さんやソープランドファンの方々の根強い人気があります。

●吉原の求人●

吉原地区は住所で言うと台東区千束になります。千束地区は住宅地区のため、医療福祉系の求人が目立ちます。迫り来る高齢化社会に向けて、医療系福祉系の仕事をしながら手に職をつけていくと将来役立つスキルになります。また、吉原界隈では居酒屋や、お弁当やお寿司などテイクアウト系の飲食店などの接客や調理スタッフなどのバイトも目白押し。バリバリのオフィス系というよりは地域密着型の求人やバイトが多いのが吉原地区の特長です。もちろん風俗系の求人もあります。吉原は店舗型が中心なので、ガッツリ高収入が期待できます。

吉原関連の風俗求人バイト情報

▲ページ上部へ

詳細ページへ

検討中BOXの使い方

bottom